参考: 不動産業界における案件管理プラットフォーム


詳細レポート(PDF)

不動産業界の課題

不動産業界では人の手による事務作業が多く、投資のための大切な意思決定に割く時間が必然的に減少してしまっています。またそれらの業務を毎回担当者が手作業で行っており業務に時間がかかるため、人的ミスや、最新の情報を入手するのに時間がかかる、という事態がよくあります。

業界のトレンド

このため、不動産業界の業務の人的ミスの多さや非効率さがもたらすリスクに気付いている世界中の先進的な企業は、テクノロジーの力を駆使して、リスク低減を試みています。不確実性が多く、競争が激しくなるこれからの不動産投資業界では、業務に特化したソリューションソフトウェアを駆使して、リスクを制御し、テクノロジーから新たな価値を見出せるかが、成功の鍵を握っています。

dealmgmtplat_in_reind_Picture1.png

課題解決を図るソリューション

そのような不動産業界特化型ソフトウェアとしては、マッチング(買い手と売りに出ている不動産を結び付けるもの)、取引実行(不動産の取引自体の執行を支援するもの)、運営管理(所有者と管理会社が、不動産運営・管理の効率化を図る)の3段階があります。

不動産業界特化型ソフトウェアの中でも、上記”取引実行”に属する案件管理プラットフォームは、賃貸契約管理システム・収支管理システム・CRM(顧客関係管理ソフトウェア)・マーケット情報といったものをまとめるハブとして機能することができます。案件管理プラットフォームを活用することで、業務効率化が促進され、時間を有効的に使え、また必要な情報をいつでも手に入れることが可能なため、投資の意思決定をより良いものとすることができます。

dealmgmtplat_in_reind_Picture2.png

案件管理プラットフォーム活用の効果

案件管理プラットフォームに対する利用者の満足度は、実際のアンケートでも非常に高いものがあります。具体的には、以下の効果が得られるとの調査結果1もあります。

  • 以前よりも、**25%多くの案件**の評価が可能
  • 既存業務について、平均22.5%の作業時間を削減
  • チームの**生産性が50%上昇**
  • 案件の検討から決済までにかかる期間を**平均9.5日(13%)短縮化**
  • 調査・資料作成における**ミスを18.1%減**

この結果からも、案件管理プラットフォームの活用により、高い生産性を生み出すことでより多くの案件に取り組むことができ、同時にエラーも減らすことがわかります。これにより、案件管理プラットフォームが投資の意思決定をより良いものとすることができるます。また、実際、不動産業界や金融業界の業界トップの多くの企業から信頼され利用されています。


  1. Dealpath The Rise Of Deal Management Platforms In Real Estate ↩︎